本セミナーは定員に達したため、募集を締め切らせていただきました。

たくさんのご応募をいただき、誠にありがとうございました。

内容

テクノロジーの活用によって営業活動の効率化をはかるSales Tech(セールステック)の普及と拡大によって、生産性向上や売上の拡大が実現可能になったばかりか、場所と時間にとらわれない働き方ができるようにもなった企業が増えています。

そのSales Techの効果を最大化させるためには、単にツールを導入するだけではなく、その中心となるデータを可視化し、戦略的に活用することが大切です。

そこで、今回は日本最大の企業データ「LBC」を搭載した「uSonar(ユーソナー)」を提供する株式会社ランドスケイプとの共催で、BtoB企業におけるデータ活用をテーマにしたウェブセミナーを開催いたします。

属人的な営業・マーケティングから脱却し、データに基づいた効果につながる活動をしていきたい、という企業様はぜひこの機会にご参加ください。

 

こんな方におすすめです

・データを蓄積しているだけで活用できていない
・Salesforceを利用中、または導入を検討している
・勘や経験に頼った営業ではなく根拠に基づいた営業をしたい
・ここ数年、問合せの減少や売上停滞で悩んでいる

※同業の企業様からのお申し込みはご遠慮ください。
※本セミナーでは具体的なツール操作方法のご紹介は含んでおりません。

 

タイムテーブル

【第1部】
15:00~15:40

Sales Techを活かすデータベース戦略
- 顧客に最適なアプローチをするために今とるべき対策とは -

講師:株式会社ランドスケイプ
営業本部  DXグループ  執行役員  湯浅 将史 氏

Sales Techをうまく活用し、毎年売上を伸ばしている成長企業はいったいどのような手法で営業・マーケティングを行っているのでしょうか。

どんなに高価で優れたツールを導入したとしても、データに基づいた戦略的なアプローチがなければ、思うような効果を出すことは難しくなってしまいます。

本セッションでは、データ戦略においておさえるべきポイントと、データ活用によって商談創出・売上貢献につなげた事例を交えてノウハウをご紹介いたします。

【第2部】
15:40~16:20

これからのBtoB企業に必要な「データ」と「戦術」
- Salesforceを活用した攻めのマーケティングと営業改革 -

講師:株式会社サンブリッジ
マーケティング室 SmartViscaマーケティング責任者 荒木 貴史

長年の経験や勘に頼った属人的なビジネスをしていると、データを活用して成長している企業に追い付かなくなり、長期的にみるとビジネスの敗者となってしまうリスクが生まれます。

そこで本セッションでは、LBCで獲得した企業データを活用したマーケティングと営業の変革について解説します。企業と顧客のデータを可視化することで何ができるようになるのか、そしてその顧客データを枯渇させず、正確な顧客データベースをつくる手法を公開します。

16:20~16:30  Q&A

 

日時

5月13日(水)15:00 - 16:30 ※オンラインでの開催です

■共催

株式会社ランドスケイプ、株式会社サンブリッジ

■参加費
無料(事前登録制)
■定員 80名(好評につき増枠いたしました)
■参加方法

本ウェブセミナーにご参加いただくには、パソコン版Google Chromeか、ウェビナーツール「コクリポ」の公式モバイルアプリが必ず必要です。
インストール方法はお申込み後にメールでお届けする受講票に記載いたします。

入場用URLは開催前日と3時間前にコクリポウェビナーツール(no-reply@cocripo.co.jp)から自動配信されます。メールが届かない方は、迷惑メールフォルダをご確認いただくか、運営事務局までお知らせください。

共催企業との個人情報の扱いについて

当社は、セミナー共催企業との間において、個人情報を共同利用しております。
詳細は「個人情報の共同利用について」をご覧ください。

お申し込みフォーム