本ホワイトペーパーでは、名刺管理ツールを導入するにあたり、Salesforceを使っているユーザーならここをチェックしたいというポイントを、Salesforce導入を長年支援しているサンブリッジの視点から以下の6つの軸で解説しています。

1.プラットフォーム
2.
デジタル化の精度
3.取引先・リード・取引先責任者への連携
4.セキュリティ
5.料金
6.操作性

名刺管理の導入を検討している方はもちろん、そうでない方で日頃、リードや取引先責任者の登録が面倒、データの重複や表記ゆれで取引先や商談管理が煩雑になっている、という悩みをお持ちの方におすすめです。

以下のフォームよりお申し込みください。

お申込みフォーム

必須 恵比寿(例)
必須 太郎(例)
貴社メールアドレス(ISPや無料のメールプロバイダのアドレスは受付できませんのでご注意ください)
必須 株式会社サンブリッジ(例)
必須
必須
必須 XXX-XXXX-XXXX
必須 こちらから「個人情報の取扱いについて」をお読みになり、ご同意ください。